FM – 足し算のシンセシス

シンセ講座の第10回は、これまでの減算方式シンセシスから少し離れて、80年代に花開いたFM方式によるシンセの音作りについて見ていきます。

FM方式では基本的に、正弦波のオシレータを複数組み合わせることによって新たな倍音を得る、ちょうどこれまで見てきたアナログシンセのセオリーと真逆のアプローチで音色を組み立てていきます。
使いこなすには少々慣れが必要ですが、一度モノにできれば、これまでの減算方式シンセシスでは得られないようなきらびやかな音色を簡単に作り出すことができ、音作りの可能性がぐんと広がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *