トイレにバッグを置き忘れる

今日は、まさかの大失敗を犯してしまった。

食料品を買い出しに駅前のショッピングセンターに出掛けたときのこと、とりあえず用を足したかったのでトイレに駆け込み、そのあと食料品売り場でぶらぶらと夕飯の惣菜を物色してレジに向かう。
財布をハンドバッグから取り出そうと手をやったら、なんとハンドバッグがないではないか!!
サーーーっと顔色が青くなる私。
気が動転したあまり、かごに入れた商品を持ったままお店を出ようとしてまたもあたふたしつつ引き返して、商品を一つずつ棚に戻し急ぎ2Fのトイレに駆け込んだところ……なんとハンドバッグがなくなっているぅ!
うわぁ〜、盗まれたか〜〜〜! と思いつつ1Fに取って返し、藁にもすがる思いで警備員の詰め所で問い合わせてみたところ……奥で書類と格闘していたおじさんから「あっ!」という声が……よく見ると、窓口の脇に私のハンドバッグがあるではないか!
警備員「ちょうどさっきトイレを清掃に来たスタッフが見つけて届けに来たんですよ。いやぁ、よかったですね〜」
三輪「いやほんと助かりました! ありがとうございます!」
警備員「じゃ、ここにサインをお願いしますね〜」
てなわけで、無事に愛しのハンドバッグが我が手に戻って来た。
帰り際中身を確認してみたところ、盗まれた物は何もないようで、ほっと胸を撫で下ろす。
うわぁ〜、まだ心臓がバクバクしているよ……。(汗)
今後は何事にも、もっと気を引き締めてかかろう。
ともあれ、これは治安の悪い国だったらもうダメだったかもしれない……財布にそれなりの金額が入っていたし、クレジットカードや銀行の通帳だって入っていた。
近頃、政治や経済、教育など、あらゆる点で世界から取り残されつつある日本だけど、こういう治安の良さは胸を張って日本が世界に誇れるものの一つだと、つくづく再確認した出来事だった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *