ゆらぎと厚みと滑らかさと

早いもので、シンセプログラミング入門のビデオシリーズも第5回を迎えることができました。
視聴してくださっている皆様、またチャンネル購読をしてくださっている皆様には、改めてお礼申し上げます。

さて、今回は音に周期的な揺らぎを加えるLFO (=Low Frequency Oscillator) 、各種コントローラによるモジュレーション、そして発音モードやグライドといったシンセ全般に及ぶ設定などについて解説しています。

内容もかなり濃く、これまで解説してきたノウハウを総動員したものになっていますので、いささか難解な部分もあるかと思います。
ぜひ皆様、ご覧になって分からない点など出てきましたらYouTubeのコメント欄やTwitterFacebook等でご質問をお寄せください。
またもちろん、今後取り上げて欲しい話題や、単純にビデオについてのご感想なども大歓迎です!

次回はいよいよスライドを使った基礎編は最終回。
オシレータの高度な応用、オシレータシンクやPWM、ウェーブテーブル方式やFM方式などについて触れていきたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *