中国発のデジタルノベル、「虹色旋律」の音楽を担当

中国のコンテンツ制作チーム、Gloria Worksさんから先月中国国内でリリースとなった全年齢向けPC用デジタルノベルコンテンツ、「虹色旋律(中国語サイト)」の音楽を全編担当させて頂きました。

これまでほとんど中国とは接点がなかった三輪ですが、制作でご一緒させていただいたご担当の方は勉強熱心な親日家で、なおかつ人柄も大変謙虚で気持ちよく共同作業ができました。

過去の悲劇で負った心の傷に苛まされつつも、画家としての将来を夢見てひたむきに歩き続ける少年が経験することになる新たな出会いや恋愛、若さゆえの葛藤、そして思わぬ再会を描く群像劇は、全編を貫く温かく優しげなストーリーと美麗なグラフィックの両輪に支えられ、完成度の高い逸品に仕上がっています。

日本での展開については今のところお話できることが何もないのが残念なところですが、いずれにしても今は国レベルで決して関係が良好とは言い難い中国と日本のこと、こういった文化的、草の根的な側面から両国間の友好親善に貢献できるのは、とても喜ばしいことです。

またこういったお仕事を増やしていきたいな。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *