卒業しよう、ケータイメール

日本の携帯電話のガラパゴス化の副産物のひとつにケータイメールがある。いわゆる通信キャリア各社の提供するドメインのメールのことで、docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなどといったものである。

これらは実際にはインターネットメールなのだけれど、送信するとすぐに受信者の端末にダウンロードされるので、使われ方としてはこれまでPCを中心に使われてきたメールより、どちらかと言えばSkypeWindows MessengerのようなIM(チャット)に近いといえる。
一方諸外国でこういった用途には、電話番号をアドレス代わりとして短文を送受信できるテキストメッセージ(SMSと呼ばれる)が広く普及しており、iPhoneに代表されるスマートフォンの台頭によって携帯電話でメールを扱うことが普通のことになった今日でもなお、身近な連絡手段として広く利用されている。
ところが日本では不幸なことに、公共の利益よりも通信キャリアのエゴが優先してしまったため通信方式が各社まちまちになり、それゆえテキストメッセージも2011年7月に相互接続が実現するまでは、どのキャリアのサービスも自社同士でのやり取りしか行えなかず普及が阻害された。
結果として日本でテキストメッセージの代わりに一般的になったケータイメールだけれど、このサービスの特徴は良くも悪くも「インターネットメールである」というところだ。つまりPCなどの既存のメールアドレスとのやり取りができて便利な反面、それがインターネットメールであるにも関わらず従来のメールとケータイメールでは利用スタイルが大きく異なるために従来のメールを主に利用するユーザとの間に意識のズレが生じたり、一人のユーザがPCと携帯とで複数のメールアドレスを管理する煩雑さに悩まされたりする。
特に複数のメールアドレスは、実は送る側にとっては、「この人はPCメールと携帯メールと両方アドレスを持っているけれど、どちらのアドレスに送るのが適切だろうか」といったことを常に考えなければならず、とくにビジネスでメールのやり取りをする場合には必ずしも相手が親しいとは限らないため、先方にこういったことを毎回考えさせないよう配慮したいところだ。
またこれは普段お世話になっている目上の方から指摘のあったことだけれど、PCをメインに使ってメールを読み書きしている人のメールボックスにチャット感覚のケータイメールが送られてくると、差出人が素のメールアドレスのみで、しかも本文で名前を名乗らないのでそれが一体誰から届いたメールなのか分からなかったり、件名が空欄で本文も挨拶なしにいきなり用件を書いてあるだけだったり、まあこの辺りはケータイメールそのものの弊害というよりは送る側のマナーの問題だけれども、とにかく(よほど親しい間柄とかでなければ)あまり気分の良いものではないだろう。
そこで提案! いっそのことみんなでケータイメールを卒業して、短文送信はようやくキャリアをまたいで利用できるようになったテキストメッセージを使って電話番号でやり取りする一方、メールについてはPCのメールアドレスと一本化してしまい、その本来の使い方に徹するよう軌道修正してはいかがだろうか。
特にスマートフォンユーザに提案したいのが、GmailiCloudのメールWindows Live Hotmailなどのクラウド型のメールサービスへと移行してしまうことである。
これらのメールサービスを使えば、これまでのケータイメールや、さらには「ぷらら」や「OCN」などといった既存ISPの提供するPCメールなどと違い、メールや連絡先、カレンダーといったデータを常にサーバー側に置いて常にどの端末からでもアクセスできるようになる。
この方法の優れている点は、もはやメールが特定の端末に縛らることがなくなるということだ。
例えばあなたが朝起きて、PCのメーラーで返信しなければならないメールを受け取ったとする。すぐにも返事を書きたいけれど、今は早く家を出ないと会社や学校に遅刻してしまう。そんな時は移動中にサっとスマートフォンを取り出して、先ほどのメールをもう一度確認してからゆっくりと電車に揺られながらでも返信をすればよい。
反対にスマートフォンで受信したけれども返信が長くなりそうなメールは、自宅に戻ってからPCでフルサイズのキーボードと大きな画面を使ってよく文章を吟味して書くことができる。
さらに追加でiPadなどを買って来た場合も、すぐにその端末で自分のメールを読むことができるし、スマートフォンを買い替えたときも過去のメールや連絡先の移行に手間取ることはない。GmailやiCloudのアカウントとパスワードを入力すれば、それでもう自分専用の端末になってしまう。
それにもっと良いこともある。クラウド型のメールサービスに移行してしまえば、通信キャリアの囲い込みから自由になれるのだ。ケータイメールはドメインがdocomo.ne.jpだったりsoftbank.ne.jpだったり、とにかく通信キャリア各社に属しているものだから、例えばKDDIからドコモに、あるいはソフトバンクからKDDIに、といった感じにキャリアを変更すれば当然メールアドレスも変わってしまう。せっかくナンバーポータビリティで携帯会社間で電話番号を持ち越すことができるようになってもメールアドレスが変わってしまうのであればそのメリットも半減だ。こうした制約がなくなれば、例え通信キャリアを変更しても、その都度メールアドレスを知人に通知して回らなくてもよくなること請け合いだ。
一方のケータイメールならではの難点はといえば、何を置いてもまずメッセージインフラとして信頼性に欠けるというところが見逃せない。ドコモのサービスでは、なんでも送信先アドレスが他人のものと置き換わってしまったり、宛先不明の通知メールが届かなかったりと最近になって色々な障害が大規模に発生しているようで、このようなことが続いていては安心してプライベートに仕事に使い続けていくのは難しい。
またケータイメールには「アドレスを誰にも教えていないのにどこからともなく日本語のいかがわしいスパムメールが届
く」という嬉しくない一面もある。GmailやiCloudではまずこういうことはないので、これは日本の携帯会社と国際的なプラットフォーム企業との技術力の差というしかない。
僕も、ソフトバンクのiPhoneがMMSに対応して以降、そう期間も置かずにこういうスパムが届き始めてこれには辟易したので、MMSのメールアドレスを相当長く不規則なものに変更したあと、使うのをやめてしまった。
ちなみにソフトバンクのiPhoneの場合は、iCloudで無料のメールアドレスがAppleから提供されるようになった今、新規契約者にi.softbank.jpのアドレスを付与する意義はすでにないのだから、これはもう新規登録は廃止にしてしまえばよいと思う。softbank.ne.jpのMMSのアドレスと二つあってもユーザを混乱させるだけだし、新着メールの通知も通常の通知センター経由ではなく、何か特殊な方法で行っているらしく画面全体にポップアップする他では見たこともない仕様になっているようだ(僕はi.softbank.jpは使ったことがないので詳しいことはわからないのだが……)。
それともあえてユーザの転出を防ぐために、メールアドレスを質にとってユーザを縛り付けているのだとすれば、そのような姑息なことは即刻やめて、電力会社やガス会社などと同じように純粋にインフラの質で健全に競争をしていただきたい。そしてテキストメッセージの送信料はパケット通信並に引き下げられるべきだ。

Leave a Reply