LogicプロジェクトにCDの音源を取り込む方法

先日、「CDやめました」というエントリーを書いたついでに、Logic ProのプロジェクトにCDのトラックを取り込む方法をご紹介したい。

まずLogic Proの上部のツールバーから”Media”を選択して、出て来たメディアペインから”Browser”タブをクリックする。
ブラウザーが表示されたら、上に表示されているコンピュータのアイコンをクリックすると、今現在Macに接続されているディスクドライブが一覧表示されるので、その中からCDドライブを見つけてダブルクリックする。
Screen Shot 2012-01-16 at 12.29.55 PM.png
トラック名がCDDBから自動取得された状態で一覧される。
Screen Shot 2012-01-16 at 12.31.19 PM.png
あとは取り込みたいトラックを選んでアレンジエリアの好きな位置にドロップすればOKだ。
Screen Shot 2012-01-16 at 12.31.54 PM.png
Screen Shot 2012-01-16 at 12.33.14 PM.png
後になって気づいたのだけどこのCDのトラックを取り込む機能、実はLogic Proの機能ではなくMac OS Xがネイティブで持っているものなのだ。
試しにMacをお持ちの方は、手持ちのCDをドライブに入れて、(多くの場合iTunesが起動されると思うがここは無視して)Finderでそのドライブを開き、楽曲トラックのアイコンをデスクトップなどにドラッグしてみて欲しい。
音楽CDのトラックがAIFFに変換されてコピーされるはずだ。
そのせいか、Logic Proのマニュアルをいくら眺めてもCDを取り込む方法が分からず、オンラインのディスカッションの投稿を見つけるまで、僕はわざわざWindowsの波形編集ソフトでCD音源を取り込んでいたというのはここだけの話である。(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *