iPhone/iPadでLogic Proを操作する

レコーディングやミキシングの基本的な考え方というのは、音楽制作現場でDAWが中心的な役割を果たすようになった今日でも、かつてのアナログテープレコーダの時代のそれと大きく変わることはない。

もちろん技術的、実践的な面では、アナログとデジタルでは大小さまざまな違いというのはあるのだけれど、良い音で録って、センスよく音量や定位やエフェクトを追い込んで、最初は個々バラバラに録音された音源たちをアンサンブルとして一体感のある音の空間に仕上げていくという基本は一緒だ。
そうした工程で日夜プロフェッショナルな手腕を発揮するスタジオエンジニア達の頼れる相棒が、大多数の人が「レコーディングスタジオ」と聞いてまず脳裏に思い浮かべるであろう、あのたくさんのフェーダーやツマミが整然と並ぶ大きなミキシングコンソール、通称「卓」である。
プロ用DAWの代名詞といえるPro Toolsでは、早くからこの「スタジオにあるミキシングコンソール」の機能や性能をコンピュータに取り付けた専用のDSPプロセッサを使って再現できたことで今日の定評を得るに至っている。
とはいえ使い勝手の面では、 今まで物理的にひとつひとつのトラックを実際に触って操作できたアナログのミキシング卓とは違って、画面上にグラフィックとして表示される小さなフェーダーやツマミをマウスを使って操作しなければならず、そうした不便さを補うため「コントロールサーフェス」と呼ばれるミキサー卓のような形をしたコントローラが同時に使われてきた。
Logic Proをはじめ、CubaseSONARなどMIDIシーケンサーをルーツに持つDAWであっても、最近ではこうしたコントロールサーフェスに対応しているけれど、曲中の現在位置に応じて自動的にフェーダーが動く「モーターフェーダー」を搭載した機種はそれなりに値段も張るし、何より本物のミキサー卓のように場所を食うものだから、本格的なスタジオならいざしらず、狭い自宅の制作部屋なんかには、なかなかおいそれと導入できるものではない。
ところがLogic Proでは、ありがたいことにiPhoneiPod Touch、またはiPadのタッチスクリーンを高性能なコントロールサーフェスとして利用することができる。
しかもマルチタッチに対応しているから、特にiPadでは広い画面を使って何本もの指で複数のフェーダーを同時に動かしてオートメーションを書き込んだり、シンセのパラメーターを操作したりできるので下手なモーターフェーダー付きのコントロールサーフェスよりずっと使い勝手がよかったりする。
具体的な設定の仕方は以下のとおり。
1. Logic ProのインストールされているMacとiOS機器が、同じローカルネットワーク上に接続されていることを確認する。早い話が、同じWi-Fiのルーターに接続していれば問題ないはずだけれど、Mac側でファイアウォールなどが動作しているとトラブルの原因になるので、こちらもあわせて確認しておく
2. 手持ちのLogic Proのバージョンが、9.1.2以降か確認する(Mac App Storeで買った人なら9.1.6以上のはずなのでそのままでOK)

3. App Storeから、TouchOSCというアプリをダウンロードして、手持ちのiOS機器にインストールする(ちなみに2011年12月現在、日本のApp Storeでは¥450の有料アプリ)

4. Logic Proを起動する
5. iOS機器上でTouchOSCを起動して、[Layout]セクションでiPhoneかiPod Touchの場合は[LogicTouch]を、iPadの場合は[LogicPad]を選択する
6. [Connections]セクションから[OSC]を選択すると、Logic Proの動作しているMacが自動的に認識されてリストアップされるはずなので、それを選択する
IMG_3256.PNG
上の図では”Youkan”というのが三輪の愛機のiMac

7. すると、Logic側でもTouchOSCを認識した旨のダイアログが表示されるので、[Add]ボタンを押してこれを追加する
Screen Shot 2011-12-20 at 10.34.51 PM.png
ちなみに”Karinto”というのは、三輪のiPhoneの名前(笑)

8. 念のためメニューの[Logic Pro] -> [Preferences] -> [Control Surfaces] -> [Setup…]を開いて正しくTouchOSCがLogic Proのコントロールサーフェスとして登録されているか確認しておこう
Screen Shot 2011-12-20 at 11.00.39 PM.png
この図のようにiPhoneやiPadなど、複数のTouchOSCをLogic Proに登録するには、上記の手順を単純に機器の数だけ繰り返せばよいのだけれど、ひとつだけ注意が必要なのは、TouchOSC側の受信ポートをデバイス毎に違う値にしてやらないと、機器同士でポートの取り合いが起こって正しく通信できなくなるので、例えばiPhoneは9000、iPadは9001などとしておく
以上で完了! 一度セットアップをしてしまえば、次回からは何も考えずにLogic ProとTouchOSCを起動しておくだけで正しく動作する。
IMG_3254.PNG
これはiPhone / iPod Touchでのメイン画面。1トラック
分のチャンネルストリップがほぼそのまま手の平の中で操作できるようになっている。非常にコンパクトなので、例えば一人でレコーダー操作とパフォーマンス(歌や楽器)をこなさなければならない場合、そしてMacとレコーディングのブースが離れていたりする場合に大変便利なので三輪もよく利用している。
ちなみにプロジェクトにちゃんとマーカーを振っておけば、いちいちMacの前に戻らなくてもマーカー単位で曲間を簡単に移動できるので、レコーディング中はほとんどブースに籠りきりでも大丈夫。(笑)
IMG_3255.PNG
こちらはエフェクトの設定画面。Logic標準のエフェクトだけでなく、WavesなどのサードパーティのAUプラグインもなにごともなくパラメーター操作できる。ここでは”Waves Renaissance Compressor“をエディット中。
IMG_0021.PNG
一方こちらはiPadでのミキサー画面。画面の大きさを活かして同時に10本のフェーダーを表示できる。複数のフェーダーの同時操作も可能で、各チャンネルのトラック名もちゃんと表示されている。
さらにフェーダーやボタン操作はもちろんタイムディスプレイに至るまで、ほとんど遅延なしにLogic上での状況がリアルタイムにフィードバックされる。これがすごい!
IMG_0025.PNG
iPad上からソフトウェア音源のエディットもできてしまう。画面ではピアノ音源の”Pianoteq“をエディット中。
そんなこんなでこの、名付けて「iPhoneやiPadでLogicを操作してしまおう」作戦、周りに話をしてみると意外とこの機能の存在を知らない人が多いようなので、ちょっと長くなってしまったけれど今日のエントリーにしてみた。
皆さんのお役に立てれば幸いである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *