CubaseからLogicへ -後編-

前編からつづく

さて、Logicの使い方もだいぶ手に馴染んできて、実際に仕事でも4曲くらい作ってみた印象は、とにかく行いたいことをあまりあれこれ考えず、少ない手順でさっと実行できるということだ。
操作性やユーザインターフェイスがかなりよく考えられていて、何かをやるためにその都度思考を中断されるということがあまりない。
さらにこちらが予期していなかったようなちょっとした心遣いが行き届いている点も好感が持てる。
そして何よりとても動作が軽く安定していて、今まで使用中に異常終了したことが一度もない。
Screen shot 2010-09-12 at 1.28.31 PM.png
Logic Proによる作業風景
これは元々Logicの設計が良かったのか、それともApple製品になってからこのような変身を遂げたのかは分からない(Logicは、Appleが2002年にドイツeMagic社を買収することによって取得した。それ以前のLogicにはWindows版も存在した)。
これまで比較的長い期間Cubase一徹だったので、比較対象がそれしかなく恐縮ではあるが、Cubaseでは一旦クリエイティブな頭をすっぱり切り替えて、煩雑な操作を細心の注意を払いながらしなければならなかったことが、Logicではあまり考えずに直感的にこなすことができるケースが多い。
一番感銘を受けた機能が、”Quick Swipe Comping”というもので、レコーディングした複数のテイクのおいしい部分を細切れに組み合わせてベストなテイクを作るという、編集の現場では日常的に行われる作業がとても簡単にできるのだ。
Screen shot 2010-09-13 at 11.46.16 AM.png
既にレコーディングしたテイクのあるトラックに再度レコーディングすると、自動的に新しいテイク用のレーンが作られて、納得のいくまで何度でもレコーディングできる(このあと上図のようにリージョンを色分けしておくとさらに分かりやすくなる)。
こうしてレコーディングされたいくつものテイクの中から、ベストな部分をマウスでドラッグして組み合わせるだけで、自動的にそれがOKテイクとしてプレイバックされるという仕組みで、しかもテイクとテイクの継ぎ目にはあらかじめ設定しておいた時間のクロスフェードが自動的にかかるという気の利きよう。
ちなみにCubaseでのテイク選びは、同じトラックの複数テイクをレーン上に並べることはできるものの、再生されるテイクは必ずレーンの最下段のテイクといった仕様になっているため、テイクを組み合わせるには、はさみツールとレーン移動を繰り返して試行錯誤を重ねる必要があり、実際かなり大変である。
またプラグインなどのソフトウェア音源の出力を、コマンド一発でオーディオデータに変換できるのも良い。
Screen shot 2010-09-13 at 12.09.58 PM.png
ソフト音源のトラック上にあるMIDIリージョンを選択して……
Screen shot 2010-09-13 at 12.13.34 PM.png
ツールバーの「リージョンをバウンス」ボタンを押すと……
Screen shot 2010-09-13 at 12.11.31 PM.png
新しいオーディオトラックが作られて自動的に選択したリージョンをバウンスしてくれる。
もちろん複数リージョンを選択すればそれらがミックスされて出力されるし、インサーションエフェクトをバウンスに含めるかどうかの選択もできる。
これは単にソフト音源によるCPU負荷を緩和するということ以上に、オーディオデータにすることによって編集の幅が広がるメリットが大きい。
そして超強力なのが、これまた「コマンド一発でプロジェクト全体をオーディオに書き出して再構築してくれる」機能。
Screen shot 2010-09-13 at 12.25.25 PM.png
ソフト音源やオーディオの含まれるプロジェクト
Screen shot 2010-09-13 at 12.25.08 PM.png
「バウンス – 全トラックを置換」コマンドで……
Screen shot 2010-09-13 at 12.27.39 PM.png
素のオーディオデータに一発変換。
プロジェクトが大きくなってくると、どうしてもたくさんのソフト音源やエフェクトプラグインで過負荷になったり、メモリが足りなくなったりするものだけど、この機能を使うとトラック構成はそのままに、すべてのリージョンを素のオーディオデータに書き出して置き換えてくれるので、ほぼ負荷のない状態でさらに音を重ねたり、ミックスを検討したりすることができる。
また、プロジェクトに影響を与えずに単にひとつのトラック、または全トラックをオーディオデータに書き出すこともメニューコマンドひとつですぐにできる。
この機能は例えば、スタジオのPro Toolsで続きの作業をする場合や

3 Replies to “CubaseからLogicへ -後編-”

  1. はじめまして。サラウンド2011です。
    Logicの良さが大変わかりやすく、また普段見落としているようなLogicの便利な機能が大変参考になりました。ありがとうございます。

  2. ☆サラウンド2011さま
    はじめまして、三輪です。
    自分が今までLogicは右も左も分からず、それならばいっそのことと思いマニュアルをほぼ通読(笑)したのがかえって今になってみればよかったのだと思います。
    お役に立てたようで何よりです。

  3. どうもはじめまして。ちょうど今、Macに乗り換えるにあたって、Logic StudioかCubase6で迷っている者です。
    なおCubase6はお使いになられた事はありますか?
    もしあるようでしたら、LogicStudioと比較していかがでしょうか?
    宜しければアドバイスを頂ければと思います。

Leave a Reply