ABILITY 1.51登場

拙著「ABILITYで曲づくり」の発売から2週間以上経ちますが、ABILITYはその間も着々と進化を続けています。
先日は最新版である「Version 1.51」がリリースされ、ABILITY Pro同梱のソフトウェア音源「Spectral」と「SaxLab」がそれぞれ最新版にバージョンアップされたほか、特に注目すべき機能強化点として、ソングエディタ上のグリッドを3連8分音符や3連16分音符といった間隔に設定できるようになったことが挙げられます。

「ABILITYで曲づくり」の103ページに紹介されているとおり、ABILITYではソングエディタでの横方向の拡大率を、右下のスライダーをドラッグすることでグリッド間隔を調節できますが、同ページに挙げられているグリッド間隔の一覧に、下記のように3連系のグリッドが新しく追加されたことになります。

16小節 8小節 4小節 2小節 1小節
1拍 8分音符 3連8分音符 16分音符 3連16分音符 32分音符

これは、シャッフルなど3連系の楽曲で、小節頭以外の箇所にコードチェンジを書き込みたい場合などに重宝するでしょう。

Leave a Reply