レコーディング in 湾岸

先日は、レコーディングスタジオ「湾岸音響」さんにてレコーディング。このスタジオ、東京湾の埋め立て地の倉庫の一室をハンドメイドで改装して作られたという、大変個性的なハコである。

seaside.jpg bridge.JPG overview.JPG
道中。品川シーサイド駅から徒歩約10分。外観は一見なんの変哲も無い倉庫。
IMG_0991.JPG entrance.JPG
スタジオさん以外のテナントはほとんどが普通の倉庫として利用している。
この日はドラムとピアノと弦楽アンサンブルを順番に録っていくというかなりボリュームあるスケジュール。
レコーディングブースは内装のほとんどが木で出来ており、そんじょそこらのスタジオではめったに聴けないような豊かな残響が得られる。アコースティック楽器の収録には大変適した場所である。
piano.JPG piano_back.jpg
年季の入ったスタンウェイのピアノはとても暖かい音色。
残念ながら(?)弾いたのは私ではありません……。
 control_room.JPG control_room2.JPG IMG_1001.JPG
コントロールルーム。ディレクションをするこの謎の人物は一体……?!
午後1時から10時まで、たっぷり9時間+αのレコーディングメニューも無事終了。
参加されたミュージシャン、レコーディングエンジニアの皆様方、そして持ち前の熱いソウルで現場に居合わせた全員のテンションを高めてくださった担当のSさん、彼ら全員の努力と情熱の甲斐もあり、大変素晴らしい演奏を残すことができた。
皆様お疲れさまでした!

Leave a Reply